FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

植え替え。。。

 こんばんは~。  ご覧いただきありがとうございます。

 今日は、植え替えのことを書きたいと思います。

 私達盆栽屋は、もうじき春の植え替えで大忙しになります。  毎年、私の盆栽園でも父と二人で100鉢以上は植え替えをします。  大きな樹は私の担当で小品盆栽などは父がやっています。  また特別な樹は二人でやってます。  昨年は、植え替え時期に父が入院したため私一人で植え替えをして大忙しでした。  今年は、父もたいぶ元気になりましたので疲れない程度に手伝ってもらうことになってます。

 用土ですが、松類は通常。。。山砂7:赤玉3または山砂6:赤玉4の割合で行ってます。 雑木の場合は、通常。。。赤玉6:ぼら土4または赤玉7:ぼら土3の割合です。  九州の盆栽屋は、ぼら土を良く使いますが他の地域では桐生砂を使ってるようです。  他に富士砂などもまぜる方もいるようです。  一時期、「焼赤玉」を使たのですが鉢が乾き過ぎるので今は硬質の赤玉を使ってます。

 植え替え時期は、3月後半~4月前半にしてますが、樹種によっては梅雨時期や秋などにおこないます。  根の動き出すのが遅い樹種(例えば杜松・杉・石榴・梔子・キンズなど)は5月に入ってから、縮緬蔓などは梅雨時期、ボケや長寿梅や実物の一部は秋にしております。  

 これらの植え替えは、時期になりましたら画像付きでブログに載せたいと思います。

 真冬でも根を凍らないように保護をしてあげると植え替えは可能ですが、植え替え後の管理が大変ですので通常は春におこなうのが間違いないようです。

 もみじや楓などの雑木類は、目安として春に芽が少し膨らみかけた頃に植え替えをするのが良いでしょう。

 花物は、花が終わった直後に植え替えるのが普通ですが花が咲いてる時期に植え替える方もいるようです。

 グミ・紫式部などは、強い樹種ですので場合によっては真夏に植え替えることもありますが、やはり春におこなうのが良いでしょう。


 今日は、せりにいきましたが収穫は山採りのアケビのみでした。  極太で古さもあり裏側がウロ状になってなかなか面白い樹です。  アケビの中では良い物だと思います。  なるべく早く出品したいと思います。  明日も仕入れに行きますので良い物を探してきます。

 では、今日はこの辺で。。。ご覧いただきありがとうございます。

                            盆栽 嘉松苑 N

    

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。